湖月わたるさんと共に          どこまでも                ♪湖をわたる...


by maroka3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

まだ半年経過してないけれど。。。

今年は観劇ペースがダウンしてますが(まだ半年も過ぎてないけれど) 今年観た舞台で心に残った舞台は「IZO」と「カラミティ★ジェーン」

どちらも実在の人物のお話で 男の一生(IZO)と女の一生(ジェーン)
IZO(岡田以蔵)1838年生まれ (夫役のビル・ヒッコックは1837年生まれ)ジェーン1852年生まれで 日本とアメリカ離れてはいますが 同じ時代の人達なんですね。

2人とも武器を使う命がけの危険な職業(IZOは人斬り、ジェーンは副保安官等)してましたし 結構共通点があります!

IZOもジェーンもあまりお利口では無いけれど カッコ悪く不器用ながら自分に正直に懸命に生きている姿が切なくて 哀れでもあり愛らしい。

「IZO」は計算し尽されたド派手な舞台で完成度が高い
「カラミティ★ジェーン」は一場のシンプルな劇中劇 「IZO」程完成度は高くなく対照的な舞台だけれど どちらも心に残るいい舞台でした。

出来る事ならもう一度わたるジェーンに会いたい!
[PR]
Commented by Janet at 2008-05-31 00:39 x
私もわたるジェーンに会いたい.........
Commented by maroka3 at 2008-05-31 12:52
Janet様、こんにちは!
遠い異国のわたるさん尚更恋しい事とお察しします。

可愛いわたるジェーン映像で観ることも出来ないし。。。寂しいですよね。在団中は DVD に残るし恵まれてました。

「ACHE」までわたるさんに会えない日々が続きますが 何とか乗り越えたいと思います。

でも、いつか又わたるジェーンに会えるといいなぁ
by maroka3 | 2008-05-30 22:16 | 湖月わたる | Comments(2)