湖月わたるさんと共に          どこまでも                ♪湖をわたる...


by maroka3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

GILLE

f0065954_2135363.jpg銀河劇場「GILLE」行って来ました!
なんと言っていいか。。。悲しいジゼルの魂のお話に見えました。
センター通路席だったので幕開け出演者が通路を通って来るところや 西島ジルさんが通る通路席で観れたのでちょっと嬉しかった~(わたるさんの客席降りはありませんでした)

わたるさんは白いカラーの花束を持って登場!その花束をバスタブに捧げます。。。なんでやろか?誰かお風呂で溺死でもしたんだろうか?って思ったら。。。お風呂の中からジゼルが出てきました。。。

ジルにジゼルの魂が映る時 ノイズやヘリコプターの音が鳴ります。
ジルとジゼルは別の人が演じてるので(同時に舞台に出てくるので)魂と生まれ変わりの区別がすぐにつきましたが
キミホジゼルが「ジゼル」の印象的な場面花占いをする時 わたるさんは花弁を抜き取らなかったので 前世のジゼルと絡んでるけど このわたるさんはアルブレヒトでなくてアルトのみの設定なんだなと(後に前世の大柴アルブレヒトが少しだけ出てきます)と分かりました。
(それまで分かりにくかった)

ジルはアルトに魅かれていきますがジゼルやアルブレヒトの魂に操られて魅かれていったのか?それともジルとしてアルトに魅かれたのか?

今回は1回のみの観劇で確信はありませんが 最初はジゼルの思いがアルブレヒトの生まれ変わりに魅かれていったようですが 次第に現世のジルとして現世のアルトに魅かれていったように見えました。

ジルと踊りながらアルトはジゼルの魂を見てしまい(ジルにはジゼルは見えないけれど アルトにはジゼルが見えるようです。この場面「ジゼル」の音楽が流れます)アルトは前世のアルブレヒトだった記憶を思い出してしまいジゼルの世界に一緒に行こうとします。それを止めようとするジル(ジルとアルトとジゼルの三角関係のように見えました)

アルトに思いが伝わりジゼルは1人バスタブに消えて行きます。アルトも行こうとするけれど行けずにバスタブに祈りを捧げジゼルの魂を沈めます。やっと最初の花束場面と話が繋がりました。
(「ジゼル」でのジゼルの墓前で佇むアルブレヒトと重なる場面でした)

再び最初のCafe G の門場面 門前にたたずむジル
門の内側ではアルトが誘うように立っています。
ジゼルの魂は静まったはずなのに。。。不気味にヘリコプターの音が聞こえてきます。

まだジゼルの思いは鎮まってないのかもって思わせるラストでした。

前世ではジゼルはアルブレヒトに恋して その後アルブレヒトは婚約者の居る身分違いの貴族だったと分かり狂って死んでしまいます。

現世ではジルはアルトに恋して その後前世の自分(ジゼル)にアルトの心を奪われてしまうという悲劇。
恋人を別の人に取られるっていうのはよくある話だけれど 前世の自分に取られるっていうのはあんまり無いですよね。

アルトが前世のジゼルに魅かれた と、いうより自分が前世アルブレヒトだったって記憶が鮮明に蘇り ジゼルへの心からの哀悼を捧げたい気持ちになったように見えました。その気持ちはジルへの思いよりも強い事は確かですが

プロのダンサー達に混じってわたるさん頑張ってました!
頑張ってますっていうのを表面に出さず 涼しい顔して頑張ってるところが今までのダンスとは違ってた(役がそういう役なので)
振りも難しいモノはそんなに無くて 見劣りせずカッコよく踊れる振りがついていて わたるさん目一杯カッコつけてました。

カッコつけてるわたるさんもカッコよくていいんだけれど。。。やっぱりカーテンコールの笑顔のわたるさんが一番よかった!

「アルト」カクテル飲みました~カシスソーダのようなドリンク
Cafe G コースターもお土産に買って帰りました~
f0065954_239382.jpg

[PR]
Commented by グレココママ at 2008-02-25 08:18 x
マロカ様 おはようございます。お帰りなさいませ~。早速、ブログに楽しいご感想を届けて頂き、嬉しいです。わたるさんの笑顔は、いつもどんな時も素敵でダイスキです。明るいわたるさんには笑顔が似合います。これからも、色々な舞台に挑戦するわたるさんが楽しみですね。
Commented by maroka3 at 2008-02-25 09:12
グレココママ様、おはようございます。
今回の「GILLE」も7月の「ACHE」も妖しそうそうな世界のわたるさんですが こういうのもいいけれど笑顔全快のわたるさんが観たいんです。

「GILLE」はダンスプレイ台詞が無いので 解釈は見る人によって様々に見えるように作られています。
今回の舞台 好みか?好みでないか?に分けたら。。。私の好みでは無かったです。

最後のわたるさんの笑顔でやっと報われた舞台でした。
Commented by ひろりん at 2008-02-25 12:17 x
まろか様 はじめまして。
いつもブログを拝見するのを楽しみにしているわたファンです。

今回の公演、私も同じことを感じました。
すごくかっこいいわたるさんだけど、やっぱり元気一杯の笑顔のわたるさんが観たいです。声が聴きたい!って思っちゃいました。
7月の公演も勿論楽しみですが、こういう役ばかり続くとちょっと心配・・・

これからもキレのいい素敵な文を楽しみにしています。
寒い日が続きますのでお体にはお気を付け下さいね。
Commented by maroka3 at 2008-02-25 14:28
ひろりん様、初めまして!
コメントありがとうございます!

今回のような人間離れした役もたまにはいいですが 人間味のある役も観てみたいですよね。

来月からは「カラミティ・ジェーン」のお稽古が始まるそうですね。
4月はどんなわたるさんに会えるか 楽しみです!

これからもよろしくお願いします。
by maroka3 | 2008-02-24 23:09 | 湖月わたる | Comments(4)